\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「急な用事で現金が必要」
「支払いに間に合わない」

当サイトでは沖縄県で今すぐお金を借りたい人のために、人気の即日キャッシングをご紹介しています。即日審査や即日融資に対応している大手消費者金融(サラ金)だと、最短1時間で融資が可能ですのでおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
大手サラ金で借りる

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

サラ金とは?

サラ金とは、一般的に貸金業者の事を指していて、消費者金融と意味として変わりはありません。消費者金融の昔の呼び名になります。サラリーマン向け金融が略されてサラ金と表現されるようになりました。サラ金は個人向けの小口融資を得意としており、借入手続きが簡単で審査が早いことが特徴です。「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方なら、ネット審査がおすすめで、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小サラ金業者一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小サラ金業者の一覧になります。 大手サラ金のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

サラ金の基礎知識コラム

上手にキャッシングを活用するポイントとして、申込する前に各サービスのメリットとデメリットをしっかり理解し、ご自身にとって一番便利なサービスを探しましょう。つい利率に目がいきますが、そのほかにも新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、見落としがちですが、申込手続きの方法もしっかりと調べて比較しましょう。また、契約後にどれだけ手軽に使えるかどうかも重要ですから、借入返済の手続きが生活圏にあるATMで利用できるかどうかも確認しておきましょう。手数料がかからないATMもありますから、どちらが都合が良いのか時間をかけて考えておきましょう。キャッシングは、申し込めばすぐに便利に使えると思い込みがちですが、逆に不便で損する可能性もあります。ATMのチェックは絶対に確認してほしい項目だと言えます。カードローンを選ぶ際に基準となるものは千差万別であるといえるでしょう。真っ先に思い当たるのは金利かと思われますが、借り入れる時、返済する時に近所のATMは手数料が0円で利用できるか、給料日の後に返済日が来るよう調整したりといかに便利に利用するかでも選び方は異なります。単純に金利の面だけで比較し、生活に支障をきたすようなカードローンにならぬよう注意してください。職業「無職」ではキャッシングが難しいと考えるかもしれませんが、借り入れを断られることは、それほど多くありません。ネットを通した仕事などで稼いでいる人は立派な自営業者です。フリーターも経歴になりますので無職と書くこともありません。それでも、過去の借り入れ件数や過去の借り入れ金額が一定の範囲を超えている場合、在宅確認に応えられなかった人などは新たなキャッシングは難しいでしょう。十分考えた上で申し込みしましょう。ああ、なんてことでしょう!「今すぐ支払わなくてはいけないお金があるのに持ち合わせがない」そんな困った状態に陥った時、でも、そのお金はどうやって用意したらいいのでしょう。信販会社で出しているクレジットカードなら、いいかもしれませんし、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあることで、借金が手軽にできるようになりました。悪い噂を聞いたこともないので、安心できそうですし、短時間で借りることができる会社まであると言います。縁起でもないなどと言わず、いつでも最悪の事態を考えて色々なケースを想定して対策を練っておけば慌てずに済みますね。キャッシングを利用して生活費に充てる時は、利用するのはなるべく最低限の金額にして、返済額が苦しいような額にしないようにしなければ、返済に悩むことも他人事ではなくなります。多少の生活費ぐらいならと思う人もいるかもしれませんが、その積み重ねが命取りになるので、キャッシングにすぐ手を出すのではなく、注意してください。どうしてもキャッシングしたいという時にはまず、どのように返済するかをよく検討してからにしましょう。スマホやネットの普及により、最近のキャッシング契約はネットで完結するのが珍しくもないです。数年前にもネット申込はありましたが、それ以外の郵送や確認作業等が付帯しているのが普通でした。いまの人からすると「ホントにネット申込?」ですよね。近年は高額融資でない限り、本人確認を含めてキャッシングがウェブだけで完結するようになりました。PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)手続きが済むのです。業界の進歩とでも言うのでしょうか。さまざまなサービスの改悪が多い中、こうまで改善されるのは本当に喜ばしいことです。技術の進歩に感謝しなくてはなりませんね。銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングとはあくまでも大金とは言えないほどの金額のお金を貸していただくという契約のことを言います。金融業者から貸し付けをしてもらうというケースならば現金の代わりになるものや、支払ってくれる人を準備します。しかしながら、通常のキャッシングを利用するという際には誰かに保証人になってもらったり、物件を担保にする気が引けてしまうようなことは考えなくても大丈夫です。利用者ご自身だと証明することが出来る資料を提出すれば、すべて完了となりますから、気軽に利用できます。お金を借りるときは、期日や金額ばかりが気になり、借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、住んでいる地域(都道府県)の社会福祉協議会に相談すれば、福祉目的であるため相当低い金利(2%前後)で融資が受けられます。生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。また、保証人なしで借りることができますが、もし連帯保証人が付けられれば利息ゼロ(金利なし)になります。このような公的制度があることを知った上で何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。キャッシングの返済は、業者ごとに決められている返済日のみに行われると思っている人も多いかもしれませんが、返済日以外にも借金の一部を支払って良いのです。これは繰り上げ返済と呼ばれ、利息は日割りで割り出されています。返済にかかる日数が短ければ短い程、その分の期間の利息を取られずにすみますから、これからの利息分が少なくできるはずです。金銭的余裕がある月は毎月の返済日以外に纏めて繰り上げ返済すると、総支払額を減らすことができるでしょう。キャッシングはカードを使ってするのが主流ですが、現代では、カード持参なしで、キャッシングを利用することができます。ネットでキャッシングの利用申込をすると、銀行振り込みしてもらえるのです。カードを紛失する心配がありませんし、迅速にキャッシングが利用可能でしょう。

おすすめ1位のプロミス