\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 新潟県

「急な用事で現金が必要」
「支払いに間に合わない」

当サイトでは新潟県で今すぐお金を借りたい人のために、人気の即日キャッシングをご紹介しています。即日審査や即日融資に対応している大手消費者金融(サラ金)だと、最短1時間で融資が可能ですのでおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
大手サラ金で借りる

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

サラ金とは?

サラ金とは、一般的に貸金業者の事を指していて、消費者金融と意味として変わりはありません。消費者金融の昔の呼び名になります。サラリーマン向け金融が略されてサラ金と表現されるようになりました。サラ金は個人向けの小口融資を得意としており、借入手続きが簡単で審査が早いことが特徴です。「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方なら、ネット審査がおすすめで、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小サラ金業者一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小サラ金業者の一覧になります。 大手サラ金のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

新潟県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

サラ金の基礎知識コラム

個人が借入を申し込むときは、審査を避けて通ることはできません。しかし即日融資を謳う会社が増えてきて、大手各社や銀行のカードローンでもよほどの大金でない限り、1、2時間で銀行口座に振込なんていうのがもはや普通なんです。これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。審査項目が以前に比べて少ないとか、利用者が極端に少なくなったとか、審査がここまで早くなったのにはわけがあると思います。ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。いずれにせよ申し込む側としては嬉しいことであるのに変わりはありません。銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングとは他の大型のローン内容などとは違って少々のお金を貸していただくという契約のことを言います。本来、現金を借り入れするという場合であれば万が一の時のために担保を設定したり保証人の判子が必要です。ただ、大金を借り入れるというわけではないケースでしたらあえて特別な保証をあらかじめ用意しておく気が引けてしまうようなことは考えなくても大丈夫です。利用者ご自身だと証明することが出来る資料を提出すれば、申し込みから融資まで受け付けてもらえます。キャッシングは借り換えが自由にできる点も一つの魅力でしょう。万が一、いい条件で借りられる所があれば、その会社から借金をして、前の会社からの借金を返済すればいいのです。こうして借り換えを利用すれば、より都合のよい条件で利用できるかもしれません。僕の兄は真面目でしたが、いつのまにかキャッシングしていて自転車操業的な状態に陥っていたことがありました。残業が多くて夕飯を外食にすると、つい飲んで、タクシーで帰ったりしていたら、たとえワリカンでもみるみる手持ちが尽き、口座にあったボーナスも尽き、結局キャッシングで現金を手にしたというのが顛末です。しかし余裕ができるのは一時的で、そこでやめておくということをせず使い続けたので、利息ばかり返していくようになり、これではマズイと大事にしていた車を売ったうえで友達にも借金をしてキャッシングした分を全部、一括返済しました。キャッシングを使用している中で多重債務を負うリスクをなくすには、まずはきちんと返す計画を立ててそれを行うことですが、もう一つ必要なのはある融資の返済が終わっていないのにさらにキャッシングをしないということなのです。お給料日前の飲み会や買い物などで急にお金が足りないときに、超短期型のキャッシングなら積極的に活用すべきだと思います。給料で一括返済しても惜しくない金額に抑えておくのがコツですね。それに一括なら必死になって低金利のところを探す必要もありません。ただ、ある程度まとまった金額なら分割で返すほうが現実的でラクですから、金利が低いところを探したほうが良いでしょう。急いで借りたいときでも自分が借りれる範囲ではどのくらいの金利になるのか、チェックしておくべきだと思います。最近では、申し込んだ当日に融資を受けられるカードローンも数多くあります。消費者金融系のカードローンはいつでも申し込み可能で、21時までに審査を通過した人は即日融資の対象となります。ただ、高額な金額の借入を希望すると、審査の時間が長引き、その日のうちの融資がかなわない場合もあるでしょう。その日にお金を借りたい場合、重要なのは希望額を少なくすることです。キャッシングは、定職につかず収入のない人でも利用できるというほどまでには甘くありません。ニートは収入がないので、キャッシングに必要となる基準に達していません。自分に収入がないのならばいけないので、ニートはキャッシングを使うことができる人ではないという話です。金融機関から個人で小口融資を受けることをキャッシングといい、主に、銀行や消費者金融がサービスを提供しています。あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングと呼ばれます。たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。どうして、このような区分けが必要なのでしょうか。それは、銀行のサービスと銀行以外のキャッシング業者とでは、キャッシングに関する法律が変わるからです。前者は銀行法に則って運営され、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。借入ができるのは成人を迎えてからですが、何歳までもが契約できる訳ではなく、大手の消費者金融ともなれば69歳に統一され、概ねの銀行では65歳とされています。この年齢で審査に通れば借入を行えますが、更新審査の時に自動的に年齢も更新され、年齢が上限を超えたときにそこで契約は解除されます。消費者金融の契約更新は大体5年、ほとんどの銀行では1年おきに更新が行われます。

おすすめ1位のプロミス