\【さら金.online】1位/

トップページ > 宮崎県 > 都城市 > 翌日までにすぐお金借りる

「急な出費で今すぐ現金が必要」
「給料日までにお金が足りない」


当サイトでは宮崎県都城市周辺でお借り入れをしたいという方に、おすすめの即日キャッシングをご紹介しています。大手の消費者金融(サラ金)だと最短1時間の即日融資や即日審査に対応していますので、今日中にお金を借りたい人に人気です。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【さら金.online】

<24時間365日申込OK!スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 宮崎県都城市の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 宮崎県都城市の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

サラ金とは?

サラ金とは、一般的に貸金業者の事を指していて、消費者金融と意味として変わりはありません。消費者金融の昔の呼び名になります。サラリーマン向け金融が略されてサラ金と表現されるようになりました。サラ金は個人向けの小口融資を得意としており、借入手続きが簡単で審査が早いことが特徴です。【さら金.online】では、ネットからのお申し込みがおすすめで、誰にも見られずバレずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスが一押しです。

宮崎県都城市の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です(【さら金.online】調べ)。 正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【さら金.online】借入コラム

キャッシングでお金を借りたいという人は、老若男女さまざまにいますが、年金受給者の場合、キャッシングサービスを使うことができるのか、気になりますよね。

調べてみると、申込可能なキャッシング業者と審査で落とされる業者もありました。

気を付けなくてはいけないのが、年金受給者対応のキャッシング業者の多くが、利用可能年齢を設定しているということです。

それぞれの業者で借入可能年齢が違うので、一概には言えませんが、低いところでは60歳で借入できなくなりますし、もっとも利用可能年齢が高い業者でも、70歳までに設定されているようです。

ある程度まとまった金額を急いで用意しなければならない場合、最も簡単にお金を融資してくれるのが、キャッシングサービスです。

最近では店舗に行かなくてもネットで契約する方法が主流なようです。

免許証さえあれば、最短で、当日中に融資を受けることができます。

近年、ほとんどのキャッシングサービスがこうした契約方法にも対応しているのですが、多くの人には知られてないので、キャッシングそれ自体に不安を覚える人も多いのではないかと思います。

深刻になり過ぎず、気軽に申し込んでみるのも良いでしょう。

契約したキャッシング企業には、常に新しく正しい情報を提供しておかなければなりません。

例えば、会社を退職し、申請時に記入した勤務先が変わったら、早めに業者に連絡を取って下さい。

もちろん、現住所や電話番号に変更があった時も同じように対応しましょう。

よく言われるのが、職が変わったことによって信用度が落ちるのではないかということですが、その場でキャッシングができなくなるような対応は取られないので、安心してください。

何の連絡もしないまま、時間が経ってからそのことが明るみになると、忘れてしまっていた場合でも嘘をついたということで信用度が落ち、利用に制限が出るかもしれません。

過去に延滞などの履歴があり事故顧客リストに掲載されている人でもお金を貸そうという企業が、ないわけではありません。

もちろん、コマーシャルや電車広告を出しているような銀行や大手消費者金融では、ブラックの人が審査に通る可能性は限りなく低いので、中規模クラス以下の消費者金融に申し込むわけです。

別に悪いとは言いませんが、小さな会社は大々的な広告を出さず、会社名を広める気がないので、少しくらいの悪評は気にしない場合が多いです。

大手でも審査が甘いほど高利になりがちですが、中小ならなおのこと当然ですね。

カードローンの契約は利用者とは違う人の名前で行うことは認められていません。

契約する人の名義で契約をすることが求められます。

自己収入のない妻が夫の収入をローンの返済に充てる場合であっても同様で、妻自身の名義で契約を行うことになります。

本人が返済に責任を負うのは当然のことです。

仮に生計を一にする家族である場合にも、本人とは異なる名義で借入契約をすると法に違反することになります。

本人に対して許可を出していたとしたら、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。

\おすすめ1位のプロミス/
【さら金.online】